MTAセメント治療 池田市 歯医者・歯科 田川歯科クリニック 阪急池田駅すぐ 川西市からも近い歯科医院

ネット診療予約
  • トップページ
  • リンク
  • サイトマップ
MTAセメント治療
トップページ > 診療メニュー > MTAセメント治療
MTAセメントとは
MTAセメントとは歯の神経の近くまで虫歯が進んでしまったが、できれば神経を取りたくない、歯の根の治療をしているが、いつまでも治らない、歯にヒビがはいって抜歯といわれたなど歯の治療で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

こういった場合、MTAセメントという最新の治療法があるのをご存知でしょうか?

もちろんすべての歯を治せるわけではありませんが、多くの治療で効果を発揮しています。
MTAセメントの成分は主に歯の成分に含まれるカルシウム系の成分で、ケイ酸二カルシウム、ケイ酸三カルシウム、アルミン酸三カルシウム、二酸化ビスマス、石膏です。

MTAセメントは細菌を殺菌したり、歯を再生させたり穴の空いた歯の部分を埋めたりすることのできる新しい薬です。

MTAセメント治療は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/川西市からもすぐの歯科医院


MTAセメントが効果を発揮する治療法
深い虫歯の神経を残すことができる

歯の治療で深い虫歯を全て取りきったとき、神経が露出しそうになったり、神経の一部が露出してしまうことがあります。そういった場合、歯の神経を取らないと痛みがひかないことがあります。
しかし、歯の神経を取ってしまうと歯の寿命は短くなってしまいます。そこで神経を保護する薬を使うことによって、できるだけ歯の神経を取らずに治す治療法があります。
この薬は、従来、水酸化カルシウム製剤が使用されてきましたが、決して成功率が高いものではありませんでした。しかし、かわりにMTAセメントを使用することにより、成功率が大きく上がりました。進行した虫歯の治療をするとき、歯の神経を残すことができるか、できないかは歯の寿命に大きく関わります。

治りにくい根の治療を治すことができる

歯の根の治療の根管治療は歯の治療の中でも難しい治療です。歯の神経を抜いてしまうと根管治療を繰り返し行わなければならないことが多くなります。また、根管治療では、いつまでも痛みが取れない、治療したが膿が止まらないなどのトラブブルも多いのです。従来、清潔になった歯の根の中は、ガッタパーチャポイントと呼ばれるゴムを詰めて封鎖していましたが、MTAセメントを使って封鎖をすることで治療の成功率を上げることができます。

ひびの入った歯を接着することができる

神経がなくなってしまった歯は脆くなり、歯にひびが入りやすくなります。
小さなひびであればMTAセメントで埋めることによって、歯のひびを封鎖し、細菌が入りにくい状態にすることができます。

穴の空いた歯を埋めることができる

歯の治療を何度も繰り返していると歯は薄くなり、穴が空いてしまうことがあります。
穴が空いた部分から細菌が出入りし、歯茎が腫れたり、膿が出るのが繰り返されます。
MTAセメントで埋めることによって、細菌の侵入を防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

歯根嚢胞の手術で根の先から穴を埋めることができる

歯の根の治療では治らない歯根嚢胞(しこんのうほう)は手術で取る必要があります。その際、歯の根の一部を切断し、切断面にMTAセメントを詰め、根の中に残っているかもしれない細菌が出てこないように封鎖します。
MTAセメントは生体の適合性や封鎖性も高いため、歯根嚢胞の再発を防ぐことができます。

MTAセメント治療は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/川西市からもすぐの歯科医院


MTAセメントが効果を発揮する理由
〇強い殺菌作用
MTAセメントは強いアルカリ性があり、細菌を殺菌する作用が高いのが特徴です。MTAセメントで殺菌することにより、歯の神経を残すことができます。

〇高い封鎖性
MTAセメントは固まると少し、膨らみます。この膨らみによって細菌が繁殖する隙間をなくすことができます。通常の歯のセメントなどは固まると縮小します。そのため、時間の経過とともに隙間ができ、細菌が入り込んで感染しやすくなります。MTAセメントの封鎖性によって歯の根の治療の時、確実に根の先を埋めてくれます。


〇体に優しい生体親和性
MTAセメントは体の中に入れても悪い影響がありません。そのため歯に穴が空いているところを埋めたり、歯の根の先を埋めたり、体の一部と接するようなところに詰めて、その周りに新しい組織が作られていきます。


〇水分があっても固まる親水性
MTAセメントは水分があっても固まることができる親水性です。歯科材料の多くは水分があると固まらなかったり、溶けてしまったりします。しかし、体の多くの部分は水分や血があります。そのため神経の出てしまった部分や根の先など水分があっても固まることのできるMTAセメントは効果的な材料なのです。

MTAセメント治療は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/川西市からもすぐの歯科医院


MTAセメントを使う治療の費用
料金現在MTAセメントは神経を保護する薬として認可されており、海外では歯の根の治療などに効果的な治療として使われています。

しかし、MTAセメント自体1g数万円と高価な材料であるため、保険診療内の治療薬剤とは認められていません。そのため、日本では保険外診療として使用され、費用は2万円となります。(別途詰め物等の費用がかかります。)

※MTAセメントは万能な治療法ではありません。MTAセメントを使用しても歯の神経が死んでしまったり、歯根嚢胞ができることもあります。
しかし、今までの治療法より、効果的な結果が出ていることは証明されています。

池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニック/池田市で歯科医院(歯医者)をお探しの方は田川歯科クリニックへ

池田市の田川歯科クリニックの取り組み
  • 診療メニュー
  • 予防歯科
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 口腔外科

池田市の歯科医院(歯医者)
田川歯科クリニック
阪急池田駅からすぐの歯科医院

求人募集案内

スタッフブログ

池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニック/一般歯科からインプラント・矯正歯科・小児矯正歯科・口腔外科・ホワイトニングまでお任せ下さい。