予防歯科は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ。フッ素塗布・小児歯科・PMTC対応の池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニック/川西市からもすぐ

ネット診療予約
  • トップページ
  • リンク
  • サイトマップ
予防歯科
トップページ > 診療メニュー > 予防歯科
予防歯科についてなぜ予防治療が必要なのか?「健康」について後悔していること第一位は・・・
予防歯科の重要性

ある調査で、「健康」について後悔していることの第一位が「歯の定期検診を受ければよかった」であることがわかりました。

なぜなら、歯を失ってはじめて、その大切さに気がつくからです。

 




60歳未満と70代以上ではこんなに違う!60歳未満と70代以上ではこんなに違う!
歯の後悔については、70代以上の層がダントツに多いことがわかります。年齢を重ねるほど、歯の重要性が増し、歯周病などの症状が深刻化していることがわかります。

日本の寿命は年々伸びしており、平均で80・21歳。老後の楽しみは「食事」という高齢者も多く、いかに歯の対してのケアが重要であるかがわかる結果です。


予防治療に対する「日本人」と「欧米人」の違い
60歳未満と70代以上ではこんなに違う!北欧のスウェーデンは虫歯や歯周病が少ない予防歯科の先進国と言われています。

右の図を見てください。
平均的な虫歯の本数は日本に比べて半分以下、歯周病に関しては全体の20%という非常に低い数値が出ています。

では、なぜ同じ人間なのにも関わらずここまでの差になるのでしょうか。

予防治療と虫歯、歯周病の関係性
60歳未満と70代以上ではこんなに違う!

スウェーデンは今では予防先進国と言われるほどになりましたが、昭和30年代までは日本同等程度の虫歯数、歯周病感染率でした。

ですが、今では虫歯や歯周病の数は激減。そのことに予防治療の普及が大きかったと言われています。




先進国の残存歯数先進国の残存歯数
また、ここで面白い結果をもう一つ。

日本人は80歳のときの残在歯の数は8本といわれています。8本ということはそれ以外は、入れ歯やインプラントなど使用しているということです、特に、50歳以上の半分以上、また75歳を超えると6割〜7割程度の患者さんが入れ歯に頼っているという話があります。

これに対してスウェーデンに代表される北欧諸国やアメリカなど欧米人は、残在歯数は日本の2倍以上が残っているといわれています。

ここにも予防治療の普及の差が出ています。

定期的な健康管理で元気な未来を!

グラフ”虫歯になってから歯医者へ行く”ではなく、
”虫歯にならないよう歯医者へ行く”に!

近年、健康ブームなどが叫ばれるようになり、定期的な運動やジムに通う方々が多くなってきています。

また、食事をきちんと管理することよって内面から健康を手に入れようとしている人も増えました。

ここまでさまざまな結果をお示ししてご理解いただいたように、お口に対しても定期的なチェックが必要です。

これまでのような
「痛くなってから歯医者に行く」という常識から
「痛くならないように歯医者へ行く」

という意識を持っていただければ、
きっと長い目で見ても健康で元気な生活ができ、より豊かな毎日になるのではないかと池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックでは、考えます。
定期検診に通う方に聞いたこれがメリット!!

@虫歯・歯周病を防ぐ(進行を止める)ことができる!!
A早期発見、早期治療か可能となり、治療回数を削減できる!
B安心した生活を過ごすことができる!
C歯を削らなくていいので治療が痛くない!

※予防治療は、専門の歯科衛生士が担当します。

予防歯科は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/PMTC・フッ素塗布など/川西市からもすぐ


衛生士からのお約束!!
@池田市を虫歯のない地域にします!!
衛生士からのお約束!!山形県酒田市にある歯医者の話

東北の人口10万人程度のとある街に、日本で最も有名な予防歯科の診療所があります。

その診療所は、長年地域の皆さまに予防の大切さを伝え続け、ついに地域の9割のお子さんが虫歯0を達成しました(12歳時)。日本全体で見るとこの時期に虫歯がないお子さんの割合は3割程度といわれています。

また、20年以上、そこでメンテナンスを受けられた方は75歳時の残っている歯の平均が18本という結果となりました。
日本全体では8本程度といわれる中で、10本も多く残っているのです。

これは歯科先進先進国であるスウェーデンに匹敵する結果です。

虫歯がなければ、歯を削る必要もない。
そのため、日々の手入れと年4回の美容院に行くように歯科へ行くだけでいいわけです。
(実際は美容院にいくより少ない回数です)

衛生士からのお約束!!田川歯科クリニックは、ここ池田市も他県に誇れる虫歯ない地域になってほしいと願っています。

歯を守るために必要なことは、日々ご自宅などで行っていく歯ブラシなどによるセルフケアに加えて、歯科医院で衛生士よるプロケア(クリーニング)やフッ化物の効果的な使用、歯科医師のよる正確な噛みあわせチェックを受けて頂くことです。

 

衛生士からのお約束!!

当院は、歯科検診を通して、皆様が健康で過ごせるように、努力していきたい思います。

A常に技術を磨き続けます!

衛生士からのお約束!!皆さまにより良い治療をご提供するためにも、常に技術を磨き続けます!

そのために、最新の情報や知識を取得するためにセミナーなどに定期的に受講するなど歯科衛生士として成長することを惜しみません。

 

B想いを伝えます!
衛生士からのお約束!!患者様の症状や今後の注意点など、正確にかつわかりやすく伝えます。

歯科医院は、難しい専門用語などが多くありますが、可能な限りわかりやすく丁寧な言葉でお伝えするように心がけています。

ご不明な点などございましたら、いつでも質問してください。
C患者様の話を親身になって聞きます!
衛生士からのお約束!!当院のスタッフは、患者様の皆様のお話しを親身になって聞きます。

治療技術を向上していくことも重要ですが、患者様皆さまの気持ちや悩み、不安点をきちんお聞きする事も同様に重要だと考えています。

また、我々が、不安な点や疑問点を把握することで、最も良い治療方法やプランを提案できるという良いメリットもあります。
まずはお話を聞かせてください。
D事前の検査をしっかり行います!

衛生士からのお約束!!お口の中というのは、体調や環境、状況によって変化します。また、痛みなど体感しない間に症状が進行してしまうということもあります。

そのため、当院では少しの変化も見逃さないように、定期的にしっかり検査を行います。

E笑顔を絶やさずに頑張ります!

衛生士からのお約束!!当院のモットーは常に笑顔で皆様をお出迎えすることです。

我々が元気がなかったら、患者様はきっと不安になるでしょう。

また、歯医者は基本的に不安な気持ちを持って来院される患者様が多いので、まずは私たちの笑顔を見ていただき、少しでも安心して治療を受けていただければと思います。

予防歯科は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/PMTC・フッ素塗布など/川西市からもすぐ


こだわりのメンテナンス治療歯茎の検査ブラッシング指導歯石取り・PMTC再評価

予防歯科は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/PMTC・フッ素塗布など/川西市からもすぐ


PMTCについて歯科医院でしかできないプロクリーニングPMTC
PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。

PMTC

PMTC30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。

歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。

使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。 気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

【PMTCでしか清掃できないところ】

1.歯と歯の間
鏡を見ながら磨いていても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケア。

2.歯と歯肉の境目
自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。

このように、歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができます。
池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックでは、患者様の歯を健康に保つために、患者様に最も適した予防プログラムを作り、PMTCを行っています。

予防歯科は池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックへ/PMTC・フッ素塗布など/川西市からもすぐ



フッ素は、いろいろな食品に含まれる天然成分です。歯に塗ってあげることで、虫歯菌の活動をおさえ、弱った歯を修復し、虫歯になりにくい歯を作ります。1年4回ほど、歯科医院で専用のフッ素を塗ってあげることで20〜40%の予防効果があるといわれています。

フッ素による予防
フッ素による予防フッ素(元素記号[F])は、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の一つです。化合力が非常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろは動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれており、私たちは、毎日食べ物や飲み物からフッ素化合物を身体に取り入れています。フッ素や人間の身体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素なのです。

フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタート)の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対してより強くなります。つまり、フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると一度脱灰した部分の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。最近の研究では、この再石灰化促進力の方がむし歯予防効果としては大きいといわれています。

フッ化物の塗布は、専門家である歯科医師や歯科衛生士が行います。
フッ化物を塗る時期も、「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、具体的に「いつ」「どのように塗るか」については、歯科医師に相談します。
子どもの頃は、次々と乳歯が抜け、新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年に2〜6回くらい塗るのが適当です。フッ化物ゲルの塗布以外では、フッ化物溶液で綿球を使った塗布法が多く用いられています。
ちなみに、歯ブラシでゲル状のフッ化物を塗る方法は、いろいろあるフッ化物塗布法のなかでも、歯ブラシのため不安感もやわらぎ、短時間ですむので特に幼児に向いています。

池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニックでは、フッ素塗布にも対応しておりますので、予防歯科お受けになられたい方は、お気軽にご来院下さい。

 

池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニック/池田市で歯科医院(歯医者)をお探しの方は田川歯科クリニックへ

池田市の田川歯科クリニックの取り組み
  • 診療メニュー
  • 予防歯科
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 口腔外科

池田市の歯科医院(歯医者)
田川歯科クリニック
阪急池田駅からすぐの歯科医院

求人募集案内

スタッフブログ

池田市の歯科医院(歯医者)田川歯科クリニック/一般歯科からインプラント・矯正歯科・小児矯正歯科・口腔外科・ホワイトニングまでお任せ下さい。